2・3月生まれのお誕生会

  

  お別れ遠足

  

 YY交流会

  








 本園は昭和52年4月に開園し、本年で39年目を迎えます。昨年度、第38期の卒園生を送り出すことが出来ました。
 菊池市高之瀬に位置し、近くには菊池神社や城山公園又、園のすぐ近くを流れる迫間川には蛍が飛び交い、園庭へも遊びに来てくれることがあります。このようなたくさんの自然に囲まれた中で、子ども達は毎日、伸び伸びと遊び、園生活を送っています。

発見の楽しさを

   発見の楽しさを

自然の大切さ、やさしさを

 自然の大切さ、
     やさしさを

遊びの展開

   遊びの展開

ひかるえがおが

    ひかるえがおが

心をひとつに

    心をひとつに

かがやく瞬間を

  かがやく瞬間を

収穫体験では

   収穫体験では

仲間の大切さを

    仲間の大切さを

遊びを通しての体験が

  遊びを通しての体験

しなやかな心と身体が

 しなやかな心と身体が

けじめを知り

     けじめを知り

みんなで育てたはつか大根

  みんなで育てた
     はつか大根

自信を持って取り組む事の大切さが

自信を持って取り組む
     事の大切さが

友達と一緒に

       友達と一緒に

いつまでも

   いつまでも




教育目標

・学校教育法に基づき、幼児が好ましい環境の中で生活をする。

・一 人ひとりの個性を尊重し、生きる力を育み、心身の健全な発達を図る。

・集団生活に慣れ、基本的生活習慣を身につける。

教育内容
文部科学省の幼稚園教育要項に基づいて「健康」・「環境」・「言語」・「表現」・「人間関係」の 5領域にわたり、充実したカリキュラムを組み保育致します。その他スクールバスを使っての園外保育、 夏の園内キャンプ、運動会、稲刈りおにぎり会、園内観劇会、みんなの発表会などの数々の行事を通し、 楽しみながら教育します。また、私たちは子ども達に『心の力・学ぶ力・体の力』が身につくことを 願っています。平成22年4月よりヨコミネ式教育法を導入いたしました。
その他・・・
①給食(食育) 食育という言葉が現在ではよく耳にされますが、当園ではずっと以前より食事の大切さを見つめ、26年前に幼稚園では大変めずらしい給食室を設置し、毎日温かい給食を提供しています。又、年長組では畑で野菜作りや田植えをしており、育てる喜びや食べ物に対する感謝の気持ちを育んでいます。
②挨拶 『自分から挨拶が出来る子ども』相手の目を見て話す事や、返事など、基本的な事をご家庭とともに大切にしています。
③掃除 皆で使うお部屋やお遊戯室を子ども達と一緒にお掃除や雑巾掛けをしています。又、自分の道具箱の片付け等を通して、物に対する感謝の気持ちや大切さを育てています。
④認定子ども園 H28年度より認定こども園へと移行を予定しております。1,2歳児も入園出来るようになり、保育所機能も兼ね備えた園へとなります。又、地域に密着した就学前教育をトータルして提供出来る園へと変わります。詳しくはお問い合わせ下さい)
モットー
一人ひとりの園児の実態に応じた保育の実施 何でも自分から行い、最後までやり遂げようとする子ども 明るく元気に遊び、友達と仲良く伸び伸びと活動する子ども 自分なりに考え、工夫しようとする子ども

① 心の力:思いやりと優しさのある子ども

子ども達の、たくさんの経験を通して、色々な人に励まされたり認められ、喜び・自信へつながります。友達と共感することや一緒に頑張ることで、人に対しても思いやりのある子どもへ成長していきます。


② 学ぶ力:自ら考え行動する子ども

1.本が大好き!! 2.体操が得意!! 3.学ぶことが楽しい!! 
4.音楽が大好き!! 5.自分のことは自分でする!! 
大人から教えられるのではなく、友達の姿から刺激を受け、自分で考え、自分でやろうという意欲を持つ子どもに育てます。

③ 体の力:健康な子ども

子ども達にとってこれからなによりも大切なものは「健康な身体」です。この「健康な身体」の基礎となる運動神経は6歳までにほとんどが出来上がってしまうといわれています。幼児期にしっかりと運動神経を養う必要があります。その為に、子ども達が大好きなかけっこ、体操、そして自由遊びを通して、卒園までに「体の力」をしっかりと育みます。


の一日


 7:30  順次登園 朝の活動 かけっこ
10:00  学年活動

12:00  昼食 
13:00 自主活動 
14:30 降園 預かり保育 
19:00 閉園